洗顔石鹸から始めよう 肌を育てるスキンケア【石鹸工房コクーン】

オーダーメイドオイルのご予約

ご利用ガイド

カートを見るCART

date 2021.08.27

# 美容法

乾燥しないお風呂の入り方

 
 

お風呂あがりは肌が乾燥し、ボディクリームを手放せない、という方も多いのではないでしょうか。

でも、もう大丈夫。自らうるおう入浴習慣を身につけていきましょう。

 
 

与える前に、まずはやめてみる 

 
 

コクーンが考える、4つの「やめる」について、ご紹介していきます。

 

 

お風呂の温度は40℃以下

 

とくに寒い日は熱いお湯でゆっくり温まりたくなりますが、じつはこれが乾燥の原因に。熱すぎるお湯につかると、肌を守ってくれている皮脂膜や保湿成分が流れ出てしまいます。

 

理想の温度は、体温より少し高めの38度~40度。「少しぬるいかな」と感じる程度のお湯が入浴には最適。これよりも熱いお風呂は控えるようにしましょう。

皮膚が敏感に傾いている場合は、体を温めすぎることでかゆみを感じやすくなるため、湯船にはつからず、ぬるめのシャワーで済ませましょう。

 

 

長時間お風呂に入らない

 

お風呂での長湯が習慣になっていませんか。もしかすると、それが原因で肌が乾燥してしまっているのかもしれません。38度~40度の理想の温度であっても、お湯に長時間浸かることで、大切な皮脂膜や保湿成分が流れてしまいます。その結果、お風呂上がりに肌がつっぱったり、カサカサしたり。

湯船に浸かる時間は10分以内にしましょう。

からだが冷えて眠りが浅い、からだが凝っているというときは、短時間で温まる「シリカ 入浴剤」がおすすめです。保温作用のあるシリカ(鉱石)の成分が、からだの巡りを促し、入浴後もぽっかぽかです。

 

 

洗いすぎない

 

お湯に10分程度浸かるだけで、汗や脂、垢などの老廃物はほとんど落ちています。じつは、毎日ごしごしと全身を洗う必要はありません。お風呂に浸かってふやけたお肌は、とてもデリケートな状態です。そんなお肌をナイロンタオルなどのかたいタオルでゴシゴシ洗うと、皮膚が傷ついて乾燥やかゆみの原因に。脇の下や足の裏など、ニオイが気になるところは石鹸の泡をのせて、手のひらでくるくるなでるように洗うだけで、十分きれいになります。

 

 

ボディクリームを塗らない

 

乾燥しているのにうるおいを与えないの?と驚かれてしまうかもしれませんが、肌には自らうるおうという力が備わっています。お風呂あがりに30分ほど時間をあけると、肌は徐々に皮脂を分泌し始めます。ですが、その前にボディクリームを塗ってしまうと、肌は自ら潤わなくても与えてもらえるのだと勘違いし、どんどん弱くなってしまいます。

 

お肌を育てる気持ちで、30分間ぐっとこらえて、何も塗らないスキンケアを実践してみてください。それでも乾燥がひどい場合は、乳化剤が入っているボディクリームではなく、美容オイルがおすすめです。その時もたっぷりではなく、少し物足りないと感じる程度にほんのりと。

乳化剤について

 

なにかを塗ってケアする前に、まずは乾燥肌をまねく習慣を見直してみませんか?

 

合わせて読みたい関連記事

COCOON(コクーン)

〒566-0035 大阪府摂津市鶴野2-9-19 1F
公園前。オレンジ色のレンガ建物の1階です。

グーグルマップはこちら グーグルマップ

営業時間/月- 金 9:00 – 18:00 土 10:00 – 17:00
定休日/日・祝日
(※ GW、夏季休業、および年末年始は休み)
お問合せ/TEL:072-636-1181

電車でお越しのお客様
大阪モノレール線「摂津駅」より徒歩2分
阪急京都線「摂津市駅」より徒歩15分

車でお越しのお客様、駐車場もございます。

CONTACTお気軽にお問い合わせください

FLOLLOW US