洗顔石鹸から始めよう 肌を育てるスキンケア【石鹸工房コクーン】

COCOON

オーダーメイドオイルのご予約

date 2019.08.21

界面活性剤について

界面活性剤ってお肌に良くないの?今日は「界面活性剤について」のお話し。

雑誌やインターネットなどを見ていると、「界面活性剤は、お肌にあまり良くないから使わない方が良い」などということが書かれていますが、そもそも界面活性剤って何なのでしょう?

 

そして、本当に界面活性剤って肌に良くないの?

 

 

界面活性剤とは、水と油のように混ざり合わないものを、混ぜ合わせるための物質のことを言います。

 

本来、水と油は混ざり合わないですよね。

コップに水と油を注ぐと、きれいに2つの層に分かれます。

 

その水と油が、どうして混ざり合うのかと言うと

水や油の界面(つまり、表面のこと)に働きかけ、界面の性質を変えるんです。

そうすると、本来混じり合わない水と油を混ぜ合わせることができます。

 

これが、界面活性剤の働きです。

 

この界面活性剤は食品にも使われていて、

マヨネーズなどに使われている「卵」も、じつは界面活性剤の一種なんですよ

そして、油と水を主原料に作られている「石けん」も、界面活性剤なんで

 

驚きですよね!

 

 

卵などの食べても問題のない界面活性剤(すべて食べられるわけではありません)が、どうして肌に良くないと言われているのでしょうか?

 

・ 石油由来の合成界面活性剤のことを「界面活性剤」と呼んでいる。

・ 界面活性剤を長時間、肌につけると肌に負担がかかる。

石油由来の合成界面活性剤のことを「界面活性剤」と呼んでいる。

 

まずは、一つ目の理由ですが、雑誌やインターネットなどに書かれている「界面活性剤」とは、「合成界面活性剤」のことを指していることが多いです。

合成界面活性剤とは、石油などを原料に人工的に作られた界面活性剤のことを言います。

 

卵などの天然由来の界面活性剤と比べると、石油由来の合成界面活性剤の方が機能が高く、肌に残りやすい性質があるため、肌への負担が大きいと言えます。

界面活性剤を長時間、肌につけると肌に負担がかかる。

 

人の皮膚は、汗(水)と皮脂(油)によって、天然のクリームと呼ばれる皮脂膜をつくり、外から有害なものが入ってこないように肌を守っています。

 

皮膚の力ってすごいですよね。

 

ですが、界面活性剤は、水や油など混ざり合わないものの界面(表面)を変質させるという性質があるため、この天然クリームである皮脂膜の性質も変えてしまいます。

 

そのため、肌の上に界面活性剤をのせた状態が長時間つづくと、皮膚膜がどんどん薄くなり肌が弱くなってしまいます。

(石油由来の合成界面活性剤ほど、天然由来の界面活性剤の機能は高くありませんが、長時間、肌の上にのせた状態がつづくと、肌に負担がかかります。)

 

 

そこで不思議なのが、石けんも界面活性剤だけど、大丈夫なの?ということ。

このお話は、次の章で。

 


 

そうだ かおり

ディレクター

そうだ かおり

「からだとこころ、環境にやさしいものづくり」をテーマに、ていねいな暮らしを提案します。

合わせて読みたい関連記事

COCOON(コクーン)

〒566-0035 大阪府摂津市鶴野2-9-19 1F
公園前。オレンジ色のレンガ建物の1階です。

グーグルマップはこちら

営業時間/月- 金 9:00 – 18:00 土 10:00 – 17:00
定休日/日・祝日
(※ GW、夏季休業、および年末年始は休み)
お問合せ/TEL:072-636-1181 FAX:072-636-8202

電車でお越しのお客様
大阪モノレール線「摂津駅」より徒歩2分
阪急京都線「摂津市駅」より徒歩15分

車でお越しのお客様
駐車場もございます。