洗顔石鹸から始めよう 肌を育てるスキンケア【石鹸工房コクーン】

COCOON

オーダーメイドオイルのご予約

date 2019.02.20

石けんの豆知識

石けんはどうやって作られているの?
〜石鹸の製造法について〜

顔を洗ったり、からだを洗ったり、普段よく使う石けん。
だけど、作り方については案外と知らないもの。

 

石けんの製造方法を、ほんの少し知っているだけでも石けんが選びやすくなりますよ。

 

まず、石けんは何でできているのか?

 

石けんは、油 ・ 水 ・ 苛性ソーダ(別名:水酸化ナトリウム) でできています。

※ 精油や美容成分などを配合することもあります。

 

配合する成分によって、石けんの使い心地が変わりますが、
じつは製造方法によっても石けんの特徴は大きく変わります!

 

 

石けんの製造方法には大きく分けて2種類あります。

一つは【中和法】、もう一つは【けん化法】です。

 

中和法 中和法
けん化法 釜炊き塩析法
釜炊きけん化法
コールドプロセス製法

 

 

 

1. 【中和法】

 

中和法とは、あらかじめ 油を 脂肪酸 と グリセリン に分解し、脂肪酸だけを苛性ソーダと水と反応させる方法です。

 

(油から取り出した)脂肪酸 + 水 + 苛性ソーダ

 

この製造法はコストを安く、大量生産したい場合に採用されることが多いです。(数時間で石けんが出来上がります。)

出来上がった石けんには、保湿成分である天然の グリセリン が含まれていません。

 

 

 

次に、けん化法とは、油と苛性ソーダと水と反応させる方法です。

 

油 + 水 + 苛性ソーダ

 

この けん化法の中にも種類があり、
熱を 加えて 作る 釜炊き塩析法
熱を 加えて 作る 釜炊きけん化法
熱を 加えず 作る コールドプロセス製法 があります。

 

 
 

2. 【釜炊き塩析法】

 

釜炊き塩析法とは、まず大きな釜にすべての材料を混ぜ入れ、かき混ぜます。その後、不純物を取り除くためにを加え、加熱しながら液状石鹸をつくります。(この工程を 塩析 と呼びます。)そこで出来た液状石鹸を型に流し込み、固まったあとに石けんを型から取り出し、熟成させる方法です。

 

この方法で作った石けんはとても純度が高いですが、塩析の段階で、石けんから不純物と一緒に保湿成分である グリセリン も取り除いてしまいます。

 
 

 

3. 【釜炊きけん化法】

 

釜炊きけん化法とは、大きな釜にすべての材料を混ぜ入れ、ぐつぐつと熱を加えながら、じっくりと釜で作る方法です。
※ 釜炊き塩析法の、塩析の過程がないものとイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

熱を加えながら成分を混ぜ合わせるため、油や美容成分 など、熱に弱い成分を配合する場合、成分が壊われやすくなります。

 
 

4. 【コールドプロセル製法】

 

コールドプロセス製法とは、すべての材料を加え、かき混ぜながら液状石鹸を作り、型に流し込み固まったあとに石けんを型から取り出し、熟成させる方法です。

 

釜炊きけん化法とは違い、火にかけず、油と苛性ソーダ水を混ぜたときに自然に発生する低温熱で石けんを作るため、油や美容成分などの有効成分を壊すことなく、石けんに丸ごと閉じ込めることができます。

(石けんが出来上がるのに45日程度かかります。)

 
 

さまざまな製造方法がありますが、コクーンでは素材を壊すことなく丸ごと石けんにできる「コールドプロセス製法」で石けんを作っています。

そうだ かおり

ディレクター

そうだ かおり

「からだとこころ、環境にやさしいものづくり」をテーマに、ていねいな暮らしを提案します。

合わせて読みたい関連記事

COCOON(コクーン)

〒566-0035 大阪府摂津市鶴野2-9-19 1F
公園前。オレンジ色のレンガ建物の1階です。

グーグルマップはこちら

営業時間/月- 金 9:00 – 18:00 土 10:00 – 17:00
定休日/日・祝日
(※ GW、夏季休業、および年末年始は休み)
お問合せ/TEL:072-636-1181 FAX:072-636-8202

電車でお越しのお客様
大阪モノレール線「摂津駅」より徒歩2分
阪急京都線「摂津市駅」より徒歩15分

車でお越しのお客様
駐車場もございます。