洗顔石鹸から始めよう 肌を育てるスキンケア【石鹸工房コクーン】

COCOON

オーダーメイドオイルのご予約

date 2020.03.18

# 石鹸の豆知識

石鹸の作り方について
〜コールドプロセス製法〜

石けん作りは、どこかお菓子作りにも似ています。

 

ボウルや泡だて器など、お菓子作りに使用する道具を使ったり。

石けんのベースとなるオイルが、オリーブオイルやココナッツオイルなど

お料理にもよく使う美味しい植物油だったり。

 

美味しくなーれ、美味しくなーれ、と

誰かを想って作る料理がおいしいように、

石けんを作るときも、使ってくださる方をイメージしながら作ります。

 

 

石けんは案外と繊細で、湿度や気温が高いときは、石けんの機嫌が悪くなったりします。

そのため、工房内は毎日同じ温度、湿度に保つよう管理しています。

 

 

 

よく皆さんにお話しすると驚かれる、石けんの熟成期間。

 

製造方法によって、石けんが出来上がるまでにかかる時間は異なってきますが、

一つひとつ手作業で作る コールドプロセス製法 の石けんは、出来上がるまでに約45日かかります。

(石けんによっては、半年以上、熟成するものも!)

 

ワインやチーズのように、石けんにも熟成期間というものがあり、

(石けんによってもその熟成期間は異なりますが)約40日間、熟成棚でしっかり熟成します。

 

 

 


石けんの作り方(コールドプロセス製法)

 

① まずは石けんのベースとなるオイルや精油などの原料を計量します。

(お菓子作りと同じで、目分量ではなくきっちり計ります)

 

 

 

② 数種類のオイルが均一になるようにしっかりブレンドし、そこに苛性ソーダ水を注ぎ混ぜ合わせます。

 

 

 

③ 精油やエキスなどを少しずつ混ぜ合わせます。

(工房中に精油の華やかな香りが広がります)

 

 

 

④ とろみが出てきたら型に入れ、保温室で24時間寝かせます。

(空気が入らないように、入れ方にも工夫が必要です)

 

 

 

⑤ 一週間ほど乾燥させ、型から取り出します。石鹸の表面が乾いたら、一個分の大きさに切り分けていきます。

(マーブル模様など、ひとつひとつ違う表情をしているので、切り分けた石けんを確認するのが密かな楽しみ!)

 

 

 

⑥ 湿度、温度管理した場所で40日ほど熟成させます。

(この長い熟成期間を経て、マイルドでやさしい石けんに仕上がります)

 

 

 

⑦ 熟成後、かくばった角を削り落と、手ぬぐい布巾で一つずつ磨き、乾燥させます。

(使うときの楽しみだけでなく、袋を開けたときの楽しみもお届けしたくて、一つ一つ蚊帳ふきんで磨いています)

 

 

 

⑧ その後、繰り返し検品しながら包装し、パッケージに入れて完成です。
(この頃には、子どもの成長を見届ける親の気持ちです)

 

 

そうだ かおり

ディレクター

そうだ かおり

「からだとこころ、環境にやさしいものづくり」をテーマに、ていねいな暮らしを提案します。

合わせて読みたい関連記事

COCOON(コクーン)

〒566-0035 大阪府摂津市鶴野2-9-19 1F
公園前。オレンジ色のレンガ建物の1階です。

グーグルマップはこちら

営業時間/月- 金 9:00 – 18:00 土 10:00 – 17:00
定休日/日・祝日
(※ GW、夏季休業、および年末年始は休み)
お問合せ/TEL:072-636-1181 FAX:072-636-8202

電車でお越しのお客様
大阪モノレール線「摂津駅」より徒歩2分
阪急京都線「摂津市駅」より徒歩15分

車でお越しのお客様
駐車場もございます。