BLOG


石鹸のなるほど

 

「石ケン素地」と「カリ石ケン素地」について

 

石鹸の成分を見ると、「 石ケン素地 」「 カリ石ケン素地 」 と書かれているのを見かけたことはありませんか?

 
化粧品OEM化粧品OEM

 
「石ケン素地」と「カリ石ケン素地」は、いったい何が違うのでしょう?
 
石鹸は、主に「水・油脂・水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)」または、
「水・油脂・水酸化カリウム(苛性カリ)」を反応させて作ります。
 
 水+油脂+水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)= 石ケン素地
 水+油脂+水酸化カリウム(苛性カリ)  = カリ石ケン素地
 
水・油脂・水酸化ナトリウムを混ぜ合わせたものを石ケン素地 ( または 脂肪酸ナトリウム )、
水・油脂・水酸化カリウムを混ぜ合わせたものをカリ石ケン素地 ( または 脂肪酸カリウム ) と呼びます。
 
 
それでは、石ケン素地とカリ石ケン素地はどのように違うのでしょう。
 
<石ケン素地   → 固形石鹸>
<カリ石ケン素地 → ジェル状または液体石鹸>
 
石ケン素地は、主に 固形や粉状の石鹸になり、カリ石ケン素地は、主に 液体の石鹸(石鹸シャンプーやボディソープ)になります。
 
※ 水酸化ナトリウム と 水酸化カリウム を併用することもあり、これによってできた石鹸は 「カリ含有石ケン素地」 と表示されます。